目立つほくろを除去しよう【種類と治療方法を徹底解説】

医師

自信を取り戻しましょう

女の人

美容外科をお勧めします

ほくろ治療が人気を博しているのは、自分に自信を取り戻せるからです。ほくろに関する悩みを抱えている方は、決して少なくありません。そもそもほくろ(黒子)とはメラニン色素を含んでいる細胞が、皮膚の一部に集中したものです。紫外線や刺激等によって、徐々に顕在なものになります。1?から5?程度のほくろは、もぐさや専用のクリームを使って自分自身で取り除く事も可能です。ところがその場合、跡が残ってしまう可能性があります。完全に取り除けるという保証もありません。また再発した場合は何度もケアしなければならない為、面倒臭さを感じてしまいがちです。一方皮膚科や形成外科、美容外科等で治療を受けると安全且つより確実に、ほくろを治療する事が出来ます。加えてセルフケアを行うより、治療費を安く抑えられる可能性もある為人気を博しているのです。医療機関で治療を受ける場合、美容外科をお勧めします。皮膚科や形成外科ではほくろそのものを取り除く事に主眼を置いている為、美容意識に欠ける面があるのです。その反面美容外科では、傷跡を目立たなくするといった審美性を重視した、治療を行っているという特徴があります。美容外科では主に6つの治療法を採用しており、それに掛かる費用は異なる点が特徴的です。5?以下で小さく、比較的平坦なものの場合Qスイッチレーザーや炭酸ガスレーザーを使ったケアが行われます。短時間で治療が終わり、リスクも小さいという点がメリットです。傷跡が残る可能性は極端なまでに低く、トラブルに発展する可能性は殆どありません。万が一痛みを感じた場合でも、即座に対応可能な点が魅力的です。ある程度盛り上がっている場合は、高周波メスや電気メスを使ったケアが行われます。レーザーを使ったケア同様、5分から10分程度と短時間で済ませられる点が、大きなメリットだと言えるでしょう。極稀に白い斑点のような跡が残ってしまう場合がありますが、時間の経過と共に自然治癒するようです。6?、もしくはそれ以上の大きさになると、くり抜きやメスを使った切除縫合が行われます。くり抜きの場合、再発の可能性は殆どありません。また切り取った組織を病理検査に出し、良性か悪性かを調べる事が出来ます。切除縫合もくり抜き同様、再発を心配する必要は殆ど無い点がメリットだと言えるでしょう。根の深いほくろも、徹底的にケアしたい方にはお勧めです。美容外科の場合、保険が適用されないケースが殆どではあるものの、くり抜きやメスを使った切除縫合では保険が適用可能なものもあります。最近注目を集めているのが、液体窒素を使った方法です。皮膚の表面部分にあるものや、余り根が深くないものをケアしたい場合に適しています。マイナス196度の液体窒素を使用し、凍結させ組織を一瞬で破壊するという方法で若干痛みを感じる事があるやもしれません。手軽にケアを受けられますので、なるだけ早めにケアしたい方にお勧めしたい治療法です。トラブルに巻き込まれることや、リスクを避ける為にも治療実績や経験が豊富な医師、美容外科を選んで下さい。比較サイトには、各美容外科の口コミや評判等が投稿されていますので、参考になるでしょう。